諸々・・無料ビデオプラグイン「Toon」

いつもながら画像ばかりベタベタ貼り付けたくそ重い記事かもしれませんがお付き合いください・・
ある情報サイトにデスクトップ百景なるコーナーがありますが、これを見ていると人それぞれ使いこなしがあるのだと感じます。
ディスクトップに何も置かない人と逆にディスクトップにはアイコンだらけのお方も結構おられるのですね、テレビでチラッと見た篤姫の脚本家の田渕○美子さんのディスクトップは一太郎で書いた脚本をディスクトップ一面に雑然と置いてありました・・味噌(アプリ)もくそ(データ)も一緒ですが・・
HDDを何度かクラッシュさせて冷や汗をかいた経験がトラウマになり文書や写真などは別ドライブにフォルダを作成して整理して保存するのが鉄則だと考えるのですが人それぞれでしょうか?

筆者もPC環境の一部を64ビットに移行しましたがメモリーの消費量が半端でなく、起動してブラウザ一つ立ち上げただけで1.5Gバイト軽くオーバーしており、かといってアプリが安定して動くかと言ったらそうでもなく・・相変わらずアドベ様に限らず映像関連のアプリは少し手荒い操作をすると頻繁に落ちまくっています。
画像

しかもレンダリング中に落ちてもらっては困りもので、これは4コアのCPUが40%以上遊んでいたのでレンダリング中にもかかわらず、他の重いアプリを操作していたせいでもあります。
ビデオ編集は安定したOS(枯れた)でやるものだとはわかっていますが、時代の変化について行かなければ置いていかれるのもPCの世界、前に進むしかないと考えています。・・単なる新しもの好き?
画像

PV4」をWindows Vista 64ビット版をで使用する場合は、Windows が起動する前に「F8」 キーを押して「ドライバ署名の強制を無効にする」を選択しなければPV4のデバイスドライバを認識してくれず使用できないので、起動の度に「F8」キーを押すのもタイミングも難しく面倒なので、楽するためにネットをくぐっていたら起動時にこの操作を自動でやってくれるアプリがあったので早速インストールしました。
画像


ReadyDriver Plus V1.1」 のサイト下の「Download」をクリックしてインストールします。
インストールはデフォルトでいいと思いますがマルチブートの場合は入れたOSの数だけストロークを増やしたらいいでしょう。
画像

後はデフォルトのままインストールして再起動すれば起動時に勝手にドライバ署名の強制を無効にしてくれるので「PV4」が使用できるようにりました、人に勧められるアプリではありませんので自己責任で・・

MS様の標準IMEはOSのバージョンが上がる度に変換精度がアホになっているので窓 VistaでもATOK2007を使用しています。
IMEのATOKと秀丸エディタについてはクセが浸透してこれを使用しないとパソコン使っている気がしない習性が身についてしまっていますが、VISTA使用時にATOKがいつの間にか画面の左上に勝手に移動してしまいます。
画像

これを解消するTIPSがありましたのでメモしておきます。
ATOKの設定ファイルは”C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Justsystem\Atok20”フォルダにある”Atok20w.aen”に記述してあります。
Atok20w.aenを選択して右クリックメニューからメモ帳を選択して編集します。
画像

下の方に
[ATOKパレット]
ボタンサイズ=標準
ツールヒント表示=する
日本語入力オフで表示=自動
無効機能ボタンを淡色表示=する
パレット背景=グラデーション
半透明化=しない
日本語入力無効で表示=しない
パレット状態の自動保存=するから「しない」に変更します。
これでパレットの位置が勝手に上に移動することはなくなりました・・

ビデオ編集ソフトで「Toon」といえば実写などのビデオ素材を、アニメーションタッチや水彩画のように変化させる描画エフェクトのことです。
この種のプラグインで「Red Giant ToonIt!」は結構な値段です。
画像

今回は無料で使える「NewBlue」社の「Paint Effect」を購入させるための魚釣りに例えたら「こませ」的要素はあり、隙あらばサイトにアクセスさせる画面が出現しますが、「NewBlue Cartoonr Plugin」を紹介します。
サイトにはインテルリンゴか窓版選択しダウンロードしインストーラを起動するとビデオ編集アプリをAdobe Premiere、 Adobe After Effects、 Avid Liquid、Pinnacle Studio、Sony Vegas、Edius、VideoStudioのいずれかを選択したら「ユーザー名」と「メールアドレス」入力画面になるので必要事項を入力します。
画像

すぐにメールアドレスにアンロックキーが送られてくるのでキーをコピー、ペーストしてインストールを続けます。
画像

当初プレミアにインストールしたので、それぞれのバージョンのプラグインフォルダにインストールされます。
画像

次はVegas Pro 8.1にインストールしましたが今度はアンロックコード入力は必要がありません。
画像

プラグインが乏しい(皆無)64ビット版のVegas Pro 8.1でもちゃんと使用できるのはうれしい限りです。
画像

本日もとりとめのない話題でした・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

FOX
2009年02月18日 21:05
初めてのレス失礼します
私は企業VP アイドルイメージなどをノンリニア(現在はCS4)で編集しているものです。
色々とこのブログの記事を見せていただき非常に役に立っています。 これからも頑張ってください。
プレミアプロCS4対応のプラグイン本当にないですね…ここで拝見したNewBlue Cartoonr をさっそく入れてみました。 情報ありがとうございます 

この記事へのトラックバック